Mono-Revで取り扱いのミニカー/トミカ用語を解説しています。
順次追加してまいります。


ミニカー用語解説もくじ


シートカラー表記について
薄茶ピンク(CP)は薄茶、青っぽい灰色は青灰、またここ最近のモデルで灰色の白っぽい色を白灰と表記しています。シート色の呼称は順次追加表記してまいります。

●塗装むくれ●

車体の地が錆びて、塗装表面にデコボコが出来る、あるいは有機溶剤により塗装面が膨張して盛り上がることを言います。押し入れに入れっぱなしとか、湿気の有る暗いところなどで保管された物に多く発生。塗装面に付いたホコリや指紋からカビてこの状態になる場合や、ベニヤなどの有機溶剤(接着剤)を含む素材で出来た飾り棚に飾っている場合などでも発生する場合があります。今までは保存状態で15年程度経ったミニカーに出る可能性が高かったのですが、最近は中国製モデルにも多数この症状が出ています。塗装工程前の脱脂が充分でないことも考えられます。対策としては通風を良くする、あるいは定期的に乾いた布等で軽く拭くなどをお勧めします(結果ミニカーと接する時間も増えますね)。

15-2サニーレーシングのボディ上面
15-2サニーレーシングのボディ上面の凹凸
ラインナップが爆発的に増えたトミカ70年代製品は要注意です
中国製トミカの場合は梱包材のビニールに原因があるのかも

●ウェルドとは?●

樹脂は3〜5ミリほどの粒状材料をポットで溶融し、圧力をかけて樹脂金型に流されます。このときに加圧力不足や樹脂溶融が充分でなかったりする場合や、樹脂が型の中を流れて樹脂同士がぶつかる箇所(型の中を流れているうちに材料温度も少なからず下がる)などに、樹脂の流れた痕が製品に残ります。これをウェルドラインと呼び、成形不良の一種としてあつかわれることがあります。溶融温度が低い状態で出来たウェルドラインの場合、温度変化での割れや、対衝撃強度不足の原因となります。樹脂に限らず、ダイキャスト部品にも同じ現象があります。トミカの部品にも見受けられるものです。

23-5ボンゴ・フレンディのルーフトップ
23-5ボンゴ・フレンディのルーフトップ部品のウェルドライン
2箇所のラインの始まり部分には部品取付用凸部があり
(金型は凹み)、材料が一時的に溜まるために発生

17-5ホンダ・シビックの窓部品
17-5ホンダ・シビックの窓部品
傷のように見えますが、ウェルドラインなので割れていません
窓部品や裏板部品は大きめなので目立ちます

●シートリブとは?●

トミカのシートの両脇どちらかに出っ張った長方形状の部分をシートリブと呼んでいます。最近のトミカ成型部品で複数取りの物は、樹脂等をながれやすくするために、ランナー(樹脂が流れる道:プラモデルで言うところの部品じゃない部分ね)と部品の接点のところにリブ(つまり出っ張り)がついてます(フロアーにある半円形のへこみを利用している物もあります)。

30-5三菱パジェロのシートリブ

 お手持ちの乗用車系でドア開閉の出来るモデルの、前シート横の右か左についているのがリブです。シートは複数モデルの共用部品である場合が多いので、バリエーションとして追求すると大変な事になる可能性が有ります。偶数左右取りの金型である場合は、右左とも同数存在する事になりますが、右のみ、左のみの偶数取り金型の場合は片方だけのシートリブしか存在しません。

●ブリスタパックとは?●

商品の形に膨らませた透明プラスチック容器を台紙に熱圧着させた梱包形態で、主に量販店などでフックに引っ掛けて販売されているものです。箱入りと違って開封せずに中身を確認できます。開封後に容器はゴミ扱いですが、トミカ単品の未開封未使用はブリスタパックでのみ、判断できることになります。ホットウィール単品はこのブリスタパックで売られています。別名バブルパック。いくつか例を挙げてみます。


Pocket Cars (ポケットカーズ)

 トミカ輸出用パッケージの一つで、主に北米向けに出荷されたブリスタパック入りのものです。カードはジーンズのポケットをイメージしています。72〜81年の前期カード裏はラインナップが印刷されていますが(画像中央)、82年〜86年はトミーロゴ変更及びイラストに差し替えられています(画像右から2番目)。パッケージングはUSAの他、カナダでも行われていました(画像一番右)。カナダ版はパーカーブラザース社が販売していました。
一部地域には日本仕様と同じ箱入りで輸出されています。

Pocket Cars (ポケットカーズ)

トミカの輸出用パッケージの一つで、主に北米向けに出荷されたブリスタパック入りのものです。カードはジーンズのポケットをイメージしたもので、ジーンズ生地が変更されています。86〜90年頃の最終パッケージで、カード裏はあっさりしたもの。日本からこのパッケージ仕様で輸出されたものです。日本で赤白箱で登場したトミカの輸出仕様はこのタイプです。

Tomica (G.J.COLES & COY社)

トミカの輸出用パッケージの一つで、オーストラリアの販売社で発売されたブリスタパック入りのものです。80〜86年頃に販売されたものと推察されます。カード裏側は60種のラインナップが印刷されています。ブリスタパック品は、恐らく日本からクルマだけ輸出して、現地でパッキングしたものと思われます。

Tomica (G.J.COLES & COY社)

別デザインの台紙も存在します。販社は同じで、裏側のラインナップから80〜81年に販売されたトミカです。台紙にはトミーロゴが付いています。

Tomica (G.J.COLES & COY社)

台紙の色が変更されたブリスタ入りトミカで、販社は同じです。台紙裏側にバーコードが追加されました。86年以降に売られたものと推察されます。オーストラリア向けは輸出仕様モデルを通常箱に入れて売られたものもあります。

Tomica (G.J.COLES & COY社)

同じくオーストラリアの販売社で発売されたブリスタパック入りのものです。WORK MACHINESとタイトルは変えられていますが、ラインナップはほぼ同じです。別販売ルート用に用意されたパッケージかもしれません。これも86年以降に売られたものと推察されます。


Tomica (ブリスタパック)

左から一般輸出向け、働く自動車シリーズ、バスフェア用、ベースボールトミカの各ブリスタパックです。そのほかに専用カードで販売されたトミカがいくつかあります。

Tomica (ブリスタパック)

左から1972年頃の初期ブリスタ、1976年頃のブリスタ、1990年のトミカ20周年記念ブリスタ、1996年頃の色替えトミカ(中国製、ミニカーショップ特注)ブリスタです。時代や仕様によっても異なります。レギュラー品番のブリスタ入りトミカは通常品と同じであったり、あるいはシートカラーやホイールを替えた専用仕様の場合もあります。

Tomica (通常ブリスタパック)

トミカの通常パッケージの一つで、主に量販店の吊り下げディスプレー用に出荷されているブリスタパック入りのものです。デザインはトミカ赤白箱のイメージをそのまま反映しています。当初は車の周りの部分だけを熱圧着したタイプ(画像左側2台)でしたが、落下等の衝撃でブリスタが外れ易く、中身が飛び出てしまう為、現在はカードに同じ台紙形状のブリスタを熱圧着(画像右側2台)しています。

●Y34系シャーシとは?●


 104-2シーマや17-6セルシオ、13-6セドリック等の共通シャーシ(画像左:旧)は、2000年発売の87-4セドリック(Y34)の車体形状に合わせて裏板金型の形状を変更したため、2000年以降製造のシーマやセルシオにはこの新形状シャーシ(画像右:新)が使われています。

●トミカで使われているホイールたち●
日ごろ慣れ親しんでいるトミカにも様々な車輪(ホイール)が使われています。同じ車種でも、製造時期や仕様変更などでホイール違いがあるため、車体色やシート色以外のバリエーションとしてコレクションに華を添える存在です。お手元のトミカはどのホイールですか?(順次更新予定)
ホイール画像名称及び車軸太さ、特徴
1Aホイール(車軸0.5mm)

トミカが生まれた1970年9月、最初の6車種が履いていたホイールです。それ以降71年8月初旬までに登場した18品番のクルマに装着されています。ホイールキャップ部分は白塗料スタンプで、クルマによりムラがあります。1ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が一体)です。

1Bホイール(車軸0.5mm)

1971〜75年かけて販売された香港トミカのホイールです。1Aホイールに模した形状で、銀ホットスタンプになっています。1ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が一体)です。

1Dホイール(車軸0.5mm)

1971年8月中旬から2か月間だけ製造のホイールで、24-1トヨタ ハイエース トラックから装着が始まりました。タイヤ外形は1Aに似通っており、ヒール部分に刻みが入っています。ホイルキャップはショートパスタのルオーテのような形状で、後の1E/1Fや2Dにも使用されています。最初の2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

1Eホイール(車軸0.5mm)

1971年後半から登場したホイールです。乗用車やバス、トラックなど幅広く使われていました。接地面が鉄道車輪のような形状です。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

1Fホイール(車軸0.5mm)

1971年後半から1Eとほぼ同時に登場したホイールです。乗用車やバス、トラックなど幅広く使われていました。接地面はこれぞタイヤといったリアルな形状です。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

1Hホイール(車軸0.5mm)

1976年から1Eや1Fホイールの後継として登場した1ピースタイプのホイールです。現在も乗用車やバス、トラックなど幅広く使われています。中国製やベトナム製の1Hホイールはよく見ると、ホットスタンプ部が平だったり、トレッド部の形状など微妙に違いがあります。台形穴は5個です。

1Hホイール(車軸0.5mm)

中国製1Hホイールの一例です。トレッド部の形状など微妙に違いがあります。台形穴は5個です。

2Bホイール(車軸0.5mm)

1972年8月発売のエルフダンプから採用が始まったホイールです。日野車やいすゞポンプ車などにも使用されています。接地面は1Eと同じ鉄道車輪のような形状ですが、トラックタイヤ風にリブラグタイヤになっています。ホイール部がリアルな造形です。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。途中エルフ3種は2Cホイールに変更になりましたが、それ以外のトラック系は2Bの使用が継続されました。

2Cホイール(車軸0.5mm)

1973年夏ごろから発売のエルフ3種(35、36、37番)のみに使用されたホイールです。接地面は2Bと同様トラックタイヤ風にリブラグタイヤになっています。ホイールキャップ部が当時の実車ライトエルフやシングルタイヤ車についていた簡易キャップに似せた造形となっています。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。エルフのトラックはたくさん売れたので専用ホイールを用意できたのでしょうね。

2Dホイール(車軸0.5mm)

1974年終わりに2Cの入れ替わりで登場したホイールです。ふそうトラック系をメインに、エルフや日野車(ダンプ、ミキサー、タンクローリ)、いすゞポンプ車に使われていました。生産台数増加に伴う合理化だと思うのですが、トラックタイヤっぽいリブラグタイヤ風のヒール刻みが入っている以外は1Eと同じで共通デザインとなりました。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。なお建設車系のあるエルフや日野車では短期間の採用で、すぐに車軸を1oにした強化タイプの11Bへと切り替わっていきました。

2Fホイール(車軸0.5mm)

1977年のVW1200から採用が始まったホイールです。乗用車や一部トラックのサス機構のあるモデルにも使われています。また、1986年から乗用車モデルを中心としたトミカ大型化とシャーシ・シート部品共通化が進むに連れ、1Hでは貧弱に見えることもあって、2Fホイールが乗用車モデルの主流となりました。台形穴は4個です。

2Gホイール(車軸0.5mm)

1Kホイールよりも大径のレーシングホイールです。1981年12月発売のサバンナRX7レーシングやルノー5ターボから採用されました。

10Bホイール(車軸1.0mm)

主に48-2コマツフォークリフトFD30や113-1道路清掃車の後輪(小さい車輪)に使われています。

10Cホイール(車軸1.0mm)

1973年5月発売の49-2いすゞエルフハイルーフに装着されて登場。東急化学消防車、日野セミトレーラー系、トヨタカートランスポーターなどの各初期モデルで採用されましたが装着車種がかなり少ないホイールです。非常にリアルなタイヤ形状を再現。キャップ部分は11B、11C、12Dにも使用されました。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

10Dホイール(車軸1.0mm)

1976年秋あたりから登場のホイールで、10C車はすべて11Dに切り替えられました。主にトラックなどサス機構のほぼ無い車種に使われていましたが、最近では1Hホイールの強化版として、またトミカリミテッド化で裏板改造(車軸1mm化)を受けた乗用車モデルはこのホイールが使われることが多いです。日本製と中国製では形状が微妙に違います。台形穴は5個です。

10Gホイール(車軸1.0mm)

1Kホイールと同形状で車軸が1ミリの中国製ホイールです。トミカリミテッド化されたトミカに装着されています。

11Bホイール(車軸1.0mm)

主にトラックなどサス機構のほぼ無い車種に使われていました。1974年9月の日産キャブオール・ルートトラックから採用が始まったホイールです。非常にリアルなタイヤ形状を再現していましたが、すぐに簡易形状のドーナツ風11Cの登場で、非常に短期間で姿を消しました。ホイールキャップは11B/11Cとも同じで、キャップ部分は11系よりも小さな10Cや、11系よりも大きな12Dにも使用されました。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

11Cホイール(車軸1.0mm)

主にトラックなどサス機構の無い車種に使われていました。恐らく11Bホイールでは生産が間に合わないためか、ヒール刻みをなくしてドーナツ形状に近いタイヤになっています。1975年〜76年初頭に登場しましたが生産は短期間で、ホイール意匠を統一するために1976年には11Fに取って代わることになりました。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

11Fホイール(車軸1.0mm)

主にトラックなどサス機構のほぼ無い車種に使われていましたが、1990年代中ごろからの中国製トミカでは2Fホイールの強化版として乗用車にも多数使用されています。日本製と中国製も含めて製造時期により形状に微妙な違いがあります。台形穴は5個です。

11Hホイール(車軸1.0mm)

2Gホイールと同形状で車軸が1ミリの中国製ホイールです。トミカリミテッド化されたトミカに装着されています。

12Cホイール(車軸1.0mm)

73-1ホンダF-1の前輪などに使われているホイールです。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。画像は30-6三菱パジェロ(三菱自販特注)に装着のものです。

12Dホイール(車軸1.0mm)

1975年5月発売の2-2トヨタ・ランドクルーザーから採用のホイールです。リアルなリブラグタイヤです。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。

13Aホイール(車軸1.0mm)

主に48-2コマツフォークリフトFD30や113-1道路清掃車の前輪(大きい方の車輪)に使われています。

13Dホイール(車軸1.0mm)

13Bと同形状で、タイヤ裏の肉逃げがないホイールです。2ピースタイプ(タイヤ部分とホイールキャップ部分が別体)です。画像は2-2トヨタ・ランドクルーザー(高島屋特注)に装着のものです。

モノレブ読み物サイトトップへ
絶版ミニカーモノレブ販売サイトへGO!